こだわりのお部屋探し。いい部屋を見つけるポイント!

交通手段についても考える

夜に周辺を見学する交通手段についても考える負担にならない家賃

また、女性の場合は、夜になると部屋の周りの環境がどう変わるかなどの雰囲気も確認しておくと安心です。
防犯や日当たりなどの理由から1階よりも2階以上の部屋の方が人気になりやすく家賃も高くなる傾向がありますが、1階の場合は外を歩いている人の気配を感じやすくなっている部屋もあるためできれば2階以上の部屋の方が住みやすいとされています。
反対に住みやすさを重視しすぎた結果、立地条件が悪くなってしまうことがあります。
最初のうちは多少遠くても我慢できる人もいますが、更新時になると引っ越しを検討する人が少なくありません。
通学や通勤は毎日のことになるため、部屋から駅までが遠い場合、日々の小さなストレスが溜まっていき、いずれ大きな不満へと変化していくことがあります。
また、仕事が忙しく帰りが遅くなりやすい人は、最寄り駅の終電の時間や駅から部屋までの帰り道の様子を確認しておくことです。
自分が使う時間帯の電車に乗ってみることも一つの確認方法です。
満員電車が苦手な人も自分の使う時間帯の電車に乗っておくことでどの時間帯が混む時間帯なのかを把握することができます。

部屋探し部屋探しの新ツール!