こだわりのお部屋探し。いい部屋を見つけるポイント!

夜に周辺を見学する

夜に周辺を見学する交通手段についても考える負担にならない家賃

部屋探しでいい部屋を見つけるためには、譲れない条件をいくつか決めておくことが大切です。
ただし、その条件に固執しすぎると思わぬ失敗をする場合もあります。
部屋探しのこだわりで多いのが立地条件です。
学校や職場などからの最寄り駅の近くで探す人が多いですが、駅までの近さだけで選んだしまうと物価が高いエリアだったり、夜になると酔っ払いが多くあらわれるエリアであったりと住んでみると困ったことが起きることがあります。
また、駅の近くという便利さのみに気を取られていると収納スペースが少なかったり、共用スペースに宅配ボックスがなく日中の宅配便の受け取りができないなどの不満が残ってしまうことがあります。
部屋探しの際には、部屋の中だけを見るのではなく、最寄り駅までの道のりを実際に歩くこともいい部屋を見つけるためのポイントです。
実際に歩いてみることで、周辺環境のことも確認することができるため、より納得した部屋を見つけることができます。
引っ越しした後の生活スタイルに必要な施設をリストアップしておくと部屋から最寄り駅までの間に必要な施設があるかどうかなども確認することが可能です。
特に商業施設や公共施設、病院など生活に必要な施設は家の周りや最寄り駅までの道のりにあると生活しやすくなります。
ただし、近いからといってコンビニや飲食店が1階に入っている部屋の場合には、ネズミやゴキブリなどの侵入の心配や防犯上の問題、夜間の騒音など住み始めるとマイナスの要素が出てくることもあります。
夜間の環境確認も大切な確認ポイントです。

部屋探し部屋探しの新ツール!